妊娠中や産後もヨガスタジオに通おう

マタニティヨガってどんな効果があるの?

 
ヨガは、いろいろなポーズをおこなう事で筋肉の柔軟性が増してしなやかな身体になれます。

 

また、深い呼吸や筋肉の伸縮によってリンパや血液の流れが良くなると、
内臓が活発化して便秘の緩和や腸内環境が整えられます。

 

精神面では、ポーズや呼吸によってリラクゼーション効果があるので、
ストレスの解消やストレスによる病気の予防にもつながります。

 

最近では、ヨガの効果で出産時の苦痛を和らげ
妊娠中や産後の体型を整える為のマタニティヨガも人気が高いです。

 

マタニティヨガは、簡単なポーズをとる事で、
腰痛やむくみといった妊娠中の不快症状を和らげる効果があります。

 

また、足腰を丈夫にします。
股関節や骨盤の結合部を柔らかくするポーズは、安産が可能になると言われています。

 

さらに、ホルモンバランスを整え心をリラックスする効果もあります。
ヨガの呼吸法は、精神的な落ちつきをもたらし、肉体や精神のストレスを緩和させます。

 

その為、マタニティブルーを克服するのに大変に役立ちます。
それらの効果は、お母さんと赤ちゃんの健康を穏やかに保ちます。

 

また妊娠中の過度の食欲を抑える効果がマタニティヨガにはあります。
その為、太りやすい妊娠中や産後の身体も調整しやすくなります。
ヨガのポーズや呼吸法は、過度の食欲を抑えながら適度な運動をおこなえます。
その為、適正体重での出産を目指しやすくなります。

 

しかしマタニティヨガをおこなうには、母子ともに体調が安定している必要があります。
始める前に、必ずかかりつけの医師や助産師に相談をして、
許可を取ってからおこなうようにしましょう。

マタニティヨガの目的や注意点

妊婦さんは、運動不足や体調不良でストレスもたまりがちですよね。

 

妊婦さんの心と身体の悩みの解消につながり注目されているのが、マタニティヨガです。
 

 

妊婦さんの身体は、貧血や腹痛、下痢、むくみといったさまざまな体調不良が生じます。
マタニティヨガの呼吸法やポーズをおこなうと、これらの体調不良の解消に役立ちます。

 

また、妊娠中の過度な食欲を抑えてくれる効果もあります。
妊娠中に運動をおこなう事で、基礎代謝が向上して出産後の体型維持にも有効に働きます。

 

マタニティヨガは、関節や筋肉の柔軟性を高めて骨盤が開きやすくなります。
すると、お産が楽になる可能性が高まります。
出産後は骨盤がゆがみやすくなりますが、
マタニティヨガをおこなう事で骨盤が元の位置に戻りやすくなります。

 

マタニティヨガの呼吸法は、ストレスのたまりやすい妊婦さんの心身をリラックスさせます。
また、マタニティヨガによって深く呼吸する方法を実践しているので、
お産が楽になる効果も期待できます。

 

マタニティヨガの最中は、ゆったりとした時間が流れます。
ヨガでリラックスしながら、お腹の中の赤ちゃんに話しかけてコミュニケーションをとりましょう。

 

マタニティヨガは運動になりますので、まずは産婦人科のお医者さんに相談してから始めましょう。
特に妊娠初期は体調も変化しやすい時期ですので、安定期を過ぎてから始めるようにします。

 

母子ともに健康を保つ為には、無理をしないでマタニティヨガに取り組んでいきましょう。
マタニティヨガヨガをおこなう際は、楽しくリラックスしておこなうようにしましょう。

 

更新履歴


このページの先頭へ戻る