産後の健康対策はヨガできまり

産後の健康対策はヨガできまり

元来ヨガは、インドで修行法の1つとして発祥しました。
姿勢や呼吸法を意識して精神統一や瞑想をおこない悟りを学ぶことを目的としています。
その為、エクササイズ目的だけではなく、
リラクゼーション効果を求める動きなどが多く用いられています。

 

現在のヨガは、呼吸とストレッチに重点をおき筋肉を強化していくものです。

 

慢性的な腰痛や肩こりに対しても、ヨガはよりよい改善効果があります。
またホルモンバランスを整える効果もあり、
産後の体調不良や更年期障害、月経による不快症状などの緩和に有効です。

 

ヨガでは深い腹式呼吸をおこないますので、リンパの流れや血行が良くなります。
それにより、冷え性が改善され病気の予防にもつながります。

 

また、内臓が活発に働く事により便秘の解消につながり腸内環境を整えてくれます。
こういったデトックス効果は、肌の老化防止にもつながります。

 

他にも、頭痛がなくなった、風邪をひかなくなったなどの効果も耳にします。
それはヨガの呼吸法や瞑想などが、
ストレスを緩和させて落ち着いた心に導く為だと言われています。
なぜなら、ストレスはさまざまな病気の原因となり安定したメンタルバランスの保持を阻害するからです。

 

ヨガをおこなう事で、体のゆがみが解消され出産にともなう骨盤の乱れを整えます。
また、関節や筋肉の柔軟性が高まり体力も向上します。
体のゆがみが解消されると、姿勢が良くなり基礎代謝も向上します。
すると、脂肪のつきにくい身体へと変化していきます。

 

ヨガでは、普段使用していない筋肉を動かしますので、
活発な新陳代謝を引き起こしダイエット効果も高いです。
 


このページの先頭へ戻る